『P』について   

■『P』とは?

エンタメ、マスコミ、アート業界を中心とした「何かしらモノやコトを作ったり発信している人」向けに、創造性を伸ばすための教養講座やワークショップを催し「創造性を追求し高められる場」を提供する社会人サークルです。
業界やジャンルを超え、第一線で活躍する人たちのトークイベントや、最新のテクノロジー、自然科学や哲学などについて専門家の話を聞く特別講義、ワークショップなどを不定期に行っていきます。

■これまでの活動

——————————

◇シリーズ『Producer’s Parade』
マスコミ、広告、アート、ITなど様々な分野から第一線で活躍し、時代をプロデュースしているゲストが「モノを作る姿勢」について語るトークイベントシリーズ。

vol.01 『クーリエ・ジャポン』編集長冨倉由樹央[講談社] 2014/12/01
いかにして『クーリエ・ジャポン』の特集は生み出されてきたか。そこにはマーケティングとは程遠い、編集長の孤独によってしか生み出せないものがあった。

vol.02 ゲームプロデューサー 小林裕幸[株式会社カプコン](「戦国BASARA」シリーズほか) 2015/01/29
ゲームだけじゃなく舞台、小説、漫画、映画と様々なメディアに展開されている「戦国BASARA」を例に、メディア横断型のコンテンツの作り方について。

vol.03 演劇プロデューサー 仲村和生(「演劇集団キャラメルボックス」) 2015/03/09
年間300ステージ近くを上演するキャラメルボックスを例に、ライブメディアの特徴とインターネットメディアとの連携、1万人のコミュニティの作り方など。

vol.04 加藤友規[日本テレビ] 『SENSORS』プロデューサー 2015/06/25
インターネット事業部発の番組で、単なる番組作りに終わらず、そこには未来のテレビの姿、スタートアップの立ち上げなど新しい取り組みがあった。

vol.05 稲葉俊郎[東大病院]が語る「生命の歴史、医療と芸術の未来」 2016/05/09
東洋医学やあらゆる代替医療を研究する「未来医療研究会」を主宰。40億年の生命の歴史、心と身体の関係、そして医療と芸術の未来について。

vol.06 内藤貴仁[サイバーエージェント]が語る「広告の未来」 2016/09/12
時代の鏡とも言える「広告」。デバイスの多様化、AIやVRを含めた技術に進歩によって、様々な形の広告が開発されているインターネット広告の最前線について。

vol.07 坪田信貴が語る「教育の未来」
「教育は突き詰めるとエンターテインメントに、エンターテインメントは突き詰めると教育になる」 映画『ビリギャル』の原作者として、また起業家、経営者として新しい挑戦を続ける坪田さんの考える「教育の未来」について。

——————————

◇シリーズ「Principle Puzzle」
「Sience」「 Nature」「 Spiritual」などのジャンルのエキスパートをお招きして、化学やテクノロジー、動物や自然の摂理、はたまた哲学や宗教など、「人間とは何か?」というテーマについて、色々な角度から勉強会シリーズ。

「 ”心”とはなにか〜感動のメカニズム〜」 2015/08/31
講師:前野隆司[慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授]
ロボット学者にして、最先端の幸福学を研究する立場からの「心や意識」研究の最前線。受動意識仮説と幸福の四大因子について。

「色が与える心理効果とそのメカニズム〜色彩心理学とクリエイティブ表現における応用」 2016/05/25
講師:水野七瀬[七瀬工房]
クリエイティブにとって欠かせない色が人に及ぼす効果。それは「人間の構造」×「自然の仕組み」×「歴史と文化」の掛け算だった。

「日本人の気質・歴史・文化と 生き物としてのロボット」 2016/10/4
講師:高西淳夫[早稲田大学 創造理工学部総合機械工学科教授 / 日本ロボット学会 会長]
ロボットを突き詰めていくことは、ある意味では「人間とは何か?」ということを突き詰めるのと同じことかもしれません。ロボット研究を通じて考え至った「日本人」についての考察を語って頂きます。

「記憶のしくみ」 2017/04/04
講師:佐々木拓哉[東京大学薬学部・大学院薬学系研究科 薬品作用学教室 助教]
東大の池谷裕二研究室の助教を務める佐々木拓哉さんに、クリエイティブな人向けに「記憶のしくみ」を話してもらいます。単なる神経科学の授業ではなく、”ひらめき”とは何かといったテーマにもせまっていきます

「クリエイティブな人のための哲学塾」 2017/05/09
講師:三宅陽一郎[ゲームAI研究者]
これまで哲学を足がかりに「知能」を追求してきた『人工知能のための哲学塾』の著者・三宅陽一郎が、「創造性」というテーマで様々な「哲学」を語ります。

「記憶のしくみ vol.02 視覚野と神経回路と創造性」
講師:佐々木拓哉[東京大学薬学部・大学院薬学系研究科 薬品作用学教室 助教]
今回は視覚野に特化し、人が目で見て、ものごとを認識する過程、それが記憶として定着するまでの過程を分かり易く解説していきます。

——————————

◇シリーズ「Practice Park」
イメージやアイデアをよりクリエイティブに表現する為のワークショップシリーズです。表現のテクニックを学ぶというよりは、頭でイメージしたことをどうやったらズレなくアウトプットできるかをテーマに、実際に体を動かし、脳と体の関係を探求していきます。

「クリエイティブな人のためのヨガと瞑想」 2016/03/26、2016/04/30
講師:赤木香苗[ヨーガセラピスト]
創造性を高めることを目的にしたワークショップ。ヨガで身体を動かし、最後には各自のテーマの中で創造性を高める瞑想につなげる。

「能に学ぶ表現の”守破離”」 2016/02/20、2016/05/152017/6/11
講師:武田 宗典[観世流シテ方]
禅の次はこれだと西洋的な評価が高まりつつある「能」をとりあげ、実際の稽古を体験しながら、型の重要性を学び、いかに能が進化してきたかを学ぶ。

「教育学マスターと学ぶ”演劇的手法”~無意識をゆさぶり、クリエイティブを活性化する~ 」 2016/09/19
講師:渡辺貴裕[東京学芸大学教職大学院 准教授]
近年、企業研修や、学校教育の現場、医療教育、芸術活動など様々な場で活用されつつある「演劇的手法」を体験し学べるワークショップ。

「声のワークショップ~言語を介さずに楽しめる参加型エンターテインメントを目指して~」 2017/06/16
講師:宮内康乃[つむぎね主宰]、モデレーター:稲葉俊郎[東大付属病院 循環器内科]
声を出し、心と身体のバランスを整えるワークショップ。『ダイアローグ・イン・ザ・ダーク』のように、世界中の人が言語を介さずに楽しめる参加型エンターテインメントを作ろうという企画です。

——————————

◇シリーズ「世界に通用するモノやコトの作り方」
伝統芸能やポップカルチャーなど日本の良さを追求し、それを世界に発信するために必要なことを学ぶトークイベント

「日本の”かっこよさ”とは何か」 講師:サカクラカツミ[パフォーマー] 2016/04/11
和を取り入れた独自のパフォーマンスで世界30カ国以上でパフォーマンスを行ってきたサカクラカツミが思う、外国人にうける和的なものの正体。

「歌舞伎の現在・過去・未来〜継承と創造で、時代の荒波を乗り切る〜」 2016/09/28
講師:窪寺祐司[松竹株式会社 演劇開発企画部]
先人たちの継承と創造の苦闘の歴史とも言える歌舞伎の四百年。何を守り、何を壊してきたのか、時代と共に歌舞伎がどう変化してきたかを学びます。

「千利休に学ぶ日本独自のクリエイティブ」 2016/10/26
講師:木村宗慎[茶道家 芳心会主宰]
利休によって、茶の湯の道具から作法まであらゆることが一つの芸術として完成されたと言われますが、今の時代に通底する「クリエイティビティ」にはどんなものがあったかを学びます。

——————————

♢シリーズ「はぴテク ~テクノロジー&ハピネス~」

「ハフィントンポストジャパン」の竹下降一郎編集長を司会に、テクノロジーが私たちの幸せやライフスタイルをどのように変化させていくかをテーマにしたトークイベントです。

vol.01 ゲスト:小島由香(FOVE 代表取締役 / 共同創業者) 2016/11/15
目の動きで仮想世界を自在に操作する「FOVE」を開発。KickStarterキャンペーンで48万ドル強を集めたことで話題になった小島由香が感じるVRの未来とは。

vol.02 ゲスト:中澤優子(UPQ 代表取締役CEO)2017/01/10
家電業界の常識を打ち破るようなスタートアップとして注目されていますが、どんな思いで起業し、これまでの苦労や今後の展望をお聞きしていきます。

vol.03 ゲスト:関口舞(IT 起業家 Lip Inc. co-founder)2017/3/8
恋愛界にITで革命を起こし、誰もが素敵な出会いを得られる時代を目指すという関口さんのこれまでや今後の展望をお聞きしていきます。

vol.04 ゲスト:疋田万理(「C Channel」 メディアプロデューサー) 2017/5/17
「縦型動画」で若い女性を始め注目されている「C CHANNEL」のメディアプロデューサー疋田万理さんが登場。若い女性たちのライフスタイルの変化や働き方について考察していきます。

——————————

◇その他

「クリエイティブな人のための『能』鑑賞入門編」 2016/09/27
講師:武田 宗典[観世流シテ方]
セルリアンタワー能楽堂で行われた「初めて能」(観世会 主催)を鑑賞し、そこにも出演されている能楽師 武田宗典さんを囲んで解説トークや直接質問ができるという贅沢な鑑賞会企画。

「芸術と医療〜クリエイティブの本質とは何か〜」 2016/10/31
講師:稲葉俊郎[東大付属病院 循環器内科]
人が芸術に触れた時に、心や体で起こる変化、なぜ芸術というのものが生まれていったのか、なぜ人間には芸術が必要なのか、芸術の可能性や医療との接点など、心の構造をベースにしながら「クリエイティブ」の本質に迫る!

『春夏秋冬 雑談の達人』出版記念イベント 季語の美しさに触れる「作らない句会」を楽しもう[プレジント社 主催] 2016/11/18
講師:堀本裕樹(俳人)、ゲスト:尾形真理子(雑誌『広告』編集長)
参加者も季節感あふれる名句の選句に参加し、日本語の美しさに触れながら、時代感や季節感を伝える表現、最近気になっている言葉などについて、話を聞くトークイベント。

村上春樹ナイトvol.00 「村上春樹の世界〜『騎士団長殺し』発売記念」 2017/3/21
クリエイティブな仕事をしている人のための「村上春樹ナイト」を開催いたします。それぞれの視点からの村上春樹をシェアしつつ、単なるファンイベントというより、そこから「創造性」についてみんなで話を高めていきます。

「おもしろい物語のつくりかた」 2016/11/28
講師:田丸雅智(ショートショート作家)
60分程度のワークショップで、「超ショートショート」と呼ばれる短い小説を実際に書いてみつつ、後半はもう少し広く「物語」や「創作」ということに発展させていき、「クリエイティブ」というのは、どこまでメソッド化できるのか、逆に人にしかできない創造性とは何かなど、クリエイティブの本質に迫っていきます。

「初めてのマンガの描き方〜いかにしてネームは生まれるか〜」 2017/04/16
マンガというのは、映像の世界に例えると、一人の人間が、脚本家、俳優、演出家、カメラマン、編集マンを兼ね作り上げる信じられないくらいの総合芸術です。そこにはあらゆるエンタメ制作のノウハウが詰まっているとも言えますが、今回はネームづくりに挑戦し、マンガの創造性に迫ります。

『P』day 2017「心と身体とクリエイティブ〜創造性とは何か?〜」 2017/04/23
『創造性とは何か?』をメインテーマに、「こころ」や「からだ」など様々な面からアプローチするという半日イベントです。これまで単発の講演、講座、ワークショップとして開催してきたものを「一日学校」的に集約、掛け算的に価値の連鎖が起き、クリエイティブな刺激に満ちたイベントを開催いたします。

「『本日 校了!』にみる売れる本のつくりかた」 2017/05/29
異なる会社で働く書籍編集者達によって立ち上げられたウェブメディア「本日 校了!」の中心メンバーの方々に立ち上がった経緯や、企画の立て方、売り方といったクリエイティブ論まで語って頂きます。

「村松亮太郎が語る「都市」というアートとNAKEDのこれから 〜『TOKYO ART CITY by NAKED』によせて〜」 2017/06/27
6月16日〜9月3日まで、東京ドームシティにて開催される『TOKYO ART CITY by NAKED』を記念して、村松亮太郎さんによる講演、会場から質問タイムなどによる2時間ほどのトークイベントになります。

「イデア〜時代を切り開く者たちの良心〜」vol.01 ゲスト:宮前 義之(ISSEY MIYAKE デザイナー) 2017/06/28
タイトルにもある「イデア」「良心」というキーワードを軸に、宮前義之がもつ、服づくりの原風景、あるいは職業倫理といったものなどを尋ねながら、ものづくりや時代の「本質」に迫ります。

横浜美術館館長・逢坂恵理子が語る「アートとは何か〜横浜トリエンナーレの軌跡〜」 2017/7/4
3年に一度の芸術の祭典「横浜トリエンナーレ」の軌跡をなぞりながら、現代アートの魅力や「芸術(アート)とは何か」というテーマに迫るトークイベント。

「はじめて能」鑑賞会 2017/8/22
「観世会」主催による初心者向けのイベントに、『P』で何度もワークショップをやってくださっている武田宗典さんが夜の部で「安達原」のシテ方(主演)を勤めますので、それをみんなで見に行こうという企画。

「イデア〜時代を切り開く者たちの良心〜」vol.02 ゲスト:田根剛(建築家) 2017/08/31
「場所の記憶」を掘り起こし未来に繋げる建築を創り続ける田根に、稲葉がタイトルにもある「イデア」「良心」を軸に、ものづくりの原風景、職業倫理などを尋ねながら、時代の「本質」に迫る。

——————————

■Staff

企画:たちばな やすひと
事務局長:藤原マリエ
製作:マリエ・エンタープライズ

Facebookページ:https://www.facebook.com/produceparty2014